視覚障害者及び一般社会への点字の普及をめざす「特定非営利活動法人日本点字普及協会」

■文字の大きさ

■色反転

活動報告

2019年度活動報告

● 事業の成果
視覚障害者及び一般市民に対して点字の普及・啓発活動を行うために2013年度から活動を開始した当協会は、2019年度は特に新しい取り組みを行わず、これまで行ってきた各事業のさらなる充実に努めました。2018年度から年に2箇所で開催している「中途視覚障害者に対する点字学習指導法研修会」を札幌市と北九州市で開催し、この活動の全国への広がりを図りました。また、昨年度末に完成した点字啓発テキスト「点字の世界へようこそ」をホームページ上で公開し、広く利用を勧めました。運営面では、協会の新しいリーフレットを作成して広く配布したほか、ホームページのバージョンアップ、コピー機をリース(2019年8月から)で導入し事務の強化を図りました。
そのほか、2017年度に開発した凸面点字器「トツテンくん」の普及を全国各地で会員が行いました。なお、凸面点字器の販売を行う(有)読書工房によると、2020年3月31日までに累計5,349台の販売実績があったとのことです。(2019年度は1,113台販売)
恒例となった、日本の点字制定記念日の11月1日に開催する「サイトワールド2019」会場での点字に関する講演会を引き続き行いました。
また、ホームページを維持して広く点字に関する情報提供を行ったことにより、一般の方々、学校関係者、マスコミ、点字サイン製作業者からの問い合わせを受けるようになり、それぞれに対応してよりよい点字の普及に努めるなど、大きな成果を挙げることができました。
2019年度末の会員の状況は、次のとおり。
個人正会員 39、団体正会員 6、個人賛助会員 9、団体賛助会員 1
会員は、1都1道2府19県に広がっています。
● 事業内容
1.視覚障害者への点字の普及に関する事業
① 中途視覚障害者に対する点字学習指導法研修会の開催
凸面点字器完成を機に、Lサイズ点字と凸面点字器を活用して、中途視覚障害者に対する点字学習指導法研修会を2箇所で開催し、中途視覚障害者への点字の普及を図りました。なお、2会場とも協力団体として関わってくださり、会場費を免除していただきました。
第3回:2019年5月25日(土)~26日(日)
札幌市視聴覚障がい者情報センター
受講者23人、修了者15人
第4回:2019年11月30日(土)~12月1日(日)
北九州市立点字図書館
受講者18人、修了者17人
講師  原田良實氏(当協会会員)

② 凸面点字器普及事業
2017年度に完成した凸面点字器の普及を図り、中途視覚障害者が点字を学習する際の負担を軽減するとともに、小学生が短時間で点字の読み書きを体験し、商品や街中の点字サインを正確に読めるようにするため、加えて視覚障害者への正しい理解とサポートの方法を伝える取り組みを全国各地で行いました。

③ Lサイズ点字普及事業
点字を触読できる視覚障害者を増やすため、引き続きLサイズ点字の普及を図るとともに、Lサイズ点字プリントサービス(実費徴収)を、団体正会員の「にじの会」協力のもとに実施しました。その結果、3団体と5人の個人からの依頼を受け、3,564枚(7,128ページ)のプリントサービスを行うことができました。特に、「中途視覚障害者に対する点字学習指導法研修会」修了者からの依頼があり、この事業が僅かずつ広がりをみせています。
なお、丸紅基金へのLサイズ点字プリンター助成申請は今回も不採択となりました。
2.一般社会への点字の普及・啓発に関する事業
① 一般向け点字学習用啓発資料作成事業
親や教師が、子どもと楽しみながら気軽に点字を学ぶことができる点字学習用啓発資料「点字の世界へようこそ」をホームページ上で公開しました。これによって、凸面点字器による点字学習が広がり、点字学習のハードルが下がることが期待できます。
② ホームページによる点字普及事業
インターネットを通して点字の普及を図るため、ホームページの運営を引き続き行いました。2019年度はホームページのバージョンアップを図ったほか、会員専用ページにアクセスしやすくなるように改修を行いました。ホームページあるいは電話によって問い合わせが寄せられるケースは、小学校での点字体験依頼、中途視覚障害者の家族から点字学習に関する問い合わせ、点字サイン業者からの問い合わせなど、件数も少しずつ増えています。
③ イベントによる点字普及事業
11月1日(金)の日本点字制定記念日に、点字に関する講演会「11月1日 今日は、日本点字129歳の誕生日」と題したイベントを「サイトワールド2019」の会場で行い、引き続き点字の普及・啓発を図りました。なお、例年参加する新宿NPO協働推進センターが行う「NPOセンターまつり」は、札幌での研修会と開催日が接近していたため、今回は参加を見合わせました。
④ 点字サインの点検
全国各地で表示されている点字サインが適切であるかを機会あるごとに点検しました。なお、2019年度は不具合の発見はありませんでした。
⑤ 全会員による全国各地での点字普及活動
全会員が全国各地で機会あるごとに点字普及のための活動を行いました。特に、横浜生協から依頼を受け、登録ヘルパー50人を対象に、視覚障害者への理解、点字体験を行いました。

2018年度活動報告

● 事業の成果
 視覚障害者及び一般市民に対して点字の普及・啓発活動を行うために2013年度から活動を開始した当協会の、2018年度の特筆すべき出来事として、「中途視覚障害者に対する点字学習指導法研修会」を名古屋と仙台で開催したことが挙げられます。また、前年度完成した凸面点字器を使った点字体験の機会を増やし、初めて点字体験を行う人から好評を得ています。凸面点字器の販売を行う(有)読書工房によると、2019年3月31日までに4,236台の販売実績があったとのことです。
 ほかに、恒例となった、日本の点字制定記念日の11月1日に開催する「サイトワールド2018」会場での点字に関する講演会、新宿NPO協働推進センターが主催する「新宿NPOセンターまつり2018」での点字の名刺作り体験などを行い、点字の普及に努めました。
 また、ホームページを維持して広く点字に関する情報提供を行ったことにより、一般の方々、学校関係者、マスコミ、点字サイン製作業者からの問い合わせを受けるようになり、それぞれに対応してよりよい点字の普及に努めるなど、大きな成果を挙げることができました。
 2018年度末の会員の状況は、次のとおり。
 個人正会員 38、団体正会員 6、個人賛助会員 9、団体賛助会員 2
 会員は、1都1道2府19県に広がっています。

● 事業内容
1.視覚障害者への点字の普及に関する事業
① 中途視覚障害者に対する点字学習指導法研修会の開催
  凸面点字器完成を機に、Lサイズ点字と凸面点字器を活用して、中途視覚障害者に対する点字学習指導法研修会を2箇所で開催し、中途視覚障害者への点字の普及を図りました。
   (1)2018年7月14日(土)~15日(日) 
             名古屋ライトハウス盲人情報文化センター
             受講者17人、修了者16人
   (2)2018年11月24日(土)~25日(日)
     宮城県視覚障害者情報センター
     受講者23人、修了者23人
  講師  原田良實氏(当協会会員)

② 凸面点字器普及事業
    2017年度に完成した凸面点字器の普及を図り、中途視覚障害者が点字を学習する際の負担を軽減するとともに、小学生が短時間で点字の読み書きを体験し、商品や街中の点字サインを正確に読めるようにするため、加えて視覚障害者への正しい理解とサポートの方法を伝える取り組みを全国各地で行いました。

③ Lサイズ点字普及事業
  点字を触読できる視覚障害者を増やすため、引き続きLサイズ点字の普及を図るとともに、Lサイズ点字プリントサービス(実費徴収)を、団体正会員の「にじの会」協力のもとに実施しました。その結果、5団体と4人の個人からの依頼を受け、3,809枚(7,618ページ)のプリントサービスを行うことができました。特に、「中途視覚障害者に対する点字学習指導法研修会」修了者からの依頼があり、この事業が僅かずつ広がりをみせています。
  なお、丸紅基金へのLサイズ点字プリンター助成申請は今回も実現しませんでした。

2.一般社会への点字の普及・啓発に関する事業
① 一般向け点字学習用啓発資料作成事業
  親や教師が、子どもと楽しみながら気軽に点字を学ぶことができる「点字学習用啓発資料」を年度内に完成しました。これをホームページで公開することによって、凸面点字器による点字学習が広がり、点字学習のハードルが下がることが期待できます。

② ホームページによる点字普及事業
  インターネットを通して点字の普及を図るため、ホームページの運営を引き続き行いました。ホームページから問い合わせが寄せられるケースは、小学校での点字体験依頼、中途視覚障害者の家族から点字学習に関する問い合わせ、点字サイン業者からの問い合わせなど、件数も少しずつ増えています。

③ イベントによる点字普及事業
  11月1日(木)の日本点字制定記念日に、点字に関する講演会、凸面点字器の展示・体験コーナーなどのイベントを「サイトワールド2018」の会場で行い、引き続き点字の普及・啓発を図ったほか、新宿NPO協働推進センターが5月20日(日)に行った「NPOセンターまつり新宿2018」に参加して、地域の小学生等を対象に凸面点字器を使った点字名刺作り体験、Lサイズ点字触読体験などを行って、点字の普及を図りました。

④ 点字サインの点検
  全国各地で表示されている点字サインが適切であるかを機会あるごとに点検し、誤りを発見した際は改善を申し入れ、正しい点字サインの普及に努めました。2018年度は2件について指摘と改善の要望を行いました。

⑤ 全会員による全国各地での点字普及活動
   全会員が全国各地で機会あるごとに点字普及のための活動を行いました。特に、東京目黒区の上目黒小学校から依頼を受け、点字体験に3人(うち、会員2人)が訪問指導を行いました。

⑥ その他
  (株)国土社が発行した小学生向けの図書「手で読む 心でさわる やさしい点字」(全6巻)の校正、および第2巻「点字を書いてみよう」、第5巻「点字を必要とする人びと」の原稿執筆を会員が担当し、点字の普及・啓発に協力しました。

                        2018年度貸借対照表.pdf 

2017年度活動報告

         2017年度事業報告書
● 事業の成果
 視覚障害者及び一般市民に対して点字の普及・啓発活動を行うために2013年度から活動を開始した当協会の、2017年度の特筆すべき出来事として、凸面点字器の完成が挙げられます。3年にわたって開発に取り組んだ結果、日本の点字制定記念日の11月1日に「サイトワールド2017」の会場で新製品として発表することができました。この凸面点字器を普及するため、300個を購入し、当会会員の希望者に配ったほか、全国の視覚障害者情報提供施設に寄贈しました。また、当会ホームページ及び「点字毎日」の募集記事で寄贈の申込のあった先着100団体に寄贈しました。
 そのほか、例年と同じくサイトワールドの会場で「11月1日 今日は、日本点字127歳の誕生日」と題して講演会と体験会を行ったほか、新宿NPO協働推進センターが主催する「新宿NPOセンターまつり2017」に参加して、主に小学生とその家族の方々に点字体験の場を提供しました。また、Lサイズ点字の普及については、機会あるごとに見本を会員その他に配って普及を行ったほか、引き続きLサイズ点字プリントサービスを行いました。
 また、ホームページを維持して広く点字に関する情報提供を行ったことにより、一般の方々、点字サイン製作業者からの問い合わせを受けるようになり、それぞれに対応してよりよい点字の普及に努めるなど、大きな成果を挙げることができました。
 2017年度末の会員の状況は、次のとおり。
 個人正会員 38、団体正会員 6、個人賛助会員 9、団体賛助会員 2
 会員は、1都1道2府19県に広がっています。

● 事業内容
1.視覚障害者への点字の普及に関する事業
① 凸面点字器開発・普及事業
  島根県出雲市の樹脂加工業者と連携して凸面点字器の試作を進めた結果、完成することができました。製品を「トツテンくん」と名付け、11月1日(水)に「サイトワールド2017」でのイベントで発表したほか、300個を購入して会員等に寄贈して普及に努めました。
   寄贈の内訳は以下のとおり。
   視覚障害者情報提供施設   98
   リハ関係施設        11
   応募団体・関係者     120
   (応募団体、全視情協常任理事、全視情協点訳委員会、 石川氏など)
   会員            46
    計           275
※ 残数25のうち、20は当会事業用、5は今後の関係者寄贈用
 トツテンくん完成について、マスコミで採り上げられています。
 1.点字毎日
 2.点字ジャーナル
 3.カトリック新聞
 4.共同通信社

② Lサイズ点字普及事業
  Lサイズ点字の普及を図り、視覚障害者が点字のサイズを選択できる環境を整えるため、機会あるごとに見本を配ってLサイズ点字の有用性をアピールしました。また、2015年度から開始したLサイズ点字プリントサービスを、団体正会員の「にじの会」協力の下に引き続き行い、27件・7286頁(3643枚)のプリントサービスを行うことができました。丸紅基金に助成申請したLサイズ点字プリンター購入は今年度も実現しませんでした。

2.一般社会への点字の普及・啓発に関する事業
① 一般向け点字学習用啓発資料作成事業
  凸面点字器の完成に合わせて資料を作成するため、今年度は具体的な動きはありませんでした。ほかに、日本点字委員会の紹介により、(株)国土社発行「手で読む 心でさわる やさしい点字② 点字を書いてみよう」の執筆に取り組みました。

② ホームページによる点字普及事業
  インターネットを通して点字の普及を図るため、ホームページを維持し、点字に関する資料の提供と、問い合わせに答えました。

③ イベントによる点字普及事業
・ 日本点字が制定された11月1日(水)に、「サイトワールド2017」の会場で点字の普及・啓発のイベント「11月1日 今日は、日本点字127歳の誕生日」を行い、点字に関する講演会(2題)、凸面点字器の完成披露、Lサイズ点字触読体験などを行いました。(入場者150人超)
  講演会:
    「点字で物を考えてきた人生」 講師 塩谷 靖子 氏(声楽家、エッセイスト)
    「私と点字楽譜との付き合い方」講師 小島 怜 氏(ピアニスト)

・ 5月21日(日)、新宿NPO協働推進センターが主催する「NPOセンターまつり新宿2017」に参加し、点字の説明、点字の名刺作り、Lサイズ点字触読体験などを行いました。(入場者100人超)

④ 点字サインの点検
  全国各地で表示されている点字サインが適切であるかを機会あるごとに点検しました。

3.その他この法人の目的達成のために必要な事業
  会員が、全国各地で点字普及に取り組みました。

                       2017年度貸借対照表.pdf

平成25年度活動報告

     平成25年度の活動内容をお知らせします。

1 事業の成果

視覚障害者の福祉の向上に寄与することを目的に、視覚障害者及び一般市民に対して点字の普及・啓発活動を行うために平成25年度から活動を開始した当協会は、当初の計画どおり日本の点字制定記念日の11月1日を日本記念日協会に登録して点字制定記念日の周知を行ったほか、毎年11月1日から3日にかけて開催されるわが国最大の視覚障害者関係イベントである「サイトワールド2013」に参加して、点字普及活動を行いました。また、Lサイズ点字の見本を会員その他に配って普及を行ったほか、凸面点字器の試作品を会員を中心としてモニタリングを行い、よりよいものを作るための研究を続けました。そのほか、ホームページを立ち上げて、広く点字に関する情報提供を行ったことにより、一般の方々、点字サイン製作業者からの問い合わせを受けるようになり、それぞれに対応してよりよい点字の普及に努めるなど、大きな成果を挙げることができました。  25年度末の会員の状況は、次のとおり。  個人正会員 34名、団体正会員 5、個人賛助会員 7名、団体賛助会員 2

2 事業内容

(1)視覚障害者への点字の普及に関する事業

 ア. 視覚障害者向け点字解説書作成事業:点字の規則をわかりやすく解説した視覚障害者向けの資料の作成に向けて検討を開始しました。

 イ. Lサイズ点字普及事業:通常の点字よりも「点とマス」の間を広げたLサイズ点字の普及を図り視覚障害者が点字のサイズを選択できる環境を整えるとともに、点字読み書きができる視覚障害者の数を増やすことを目標に活動を続けました。特に25年度は、Lサイズ点字の存在を広報する活動に力を入れ、Lサイズ点字とその特徴を知らせる資料を製作し、会員に見本として配布したほか、希望者に配布しました。

 ウ. 凸面点字器開発・普及事業:現在の点字は凹面から書き凸面を読む仕組みになっていますが、中途視覚障害者が点字を学習する際の負担を軽減するとともに、一般の小学生が短時間で点字の読み書きを体験し商品や街中の点字サインを正確に読めるようにするため、読みと同じ凸面で書くことができる点字器の開発に向け調査と試作品の製作、モニタリングを行いました。

(2)一般社会への点字の普及・啓発に関する事業

 ア. 日本点字制定記念日登録による点字普及事業:日本記念日協会に日本点字が制定された11月1日を登録するとともに、記念日の周知活動を行い点字の普及を図りました。

   イ. 一般向け点字学習用啓発資料作成事業:親や教師が、子どもと楽しみながら気軽に点字を学ぶことができる「点字学習用啓発資料」の作成に着手しました。また、パンフレット「点字を読んでみよう」を作成し、広く配布しました。 

 ウ. ホームページによる点字普及事業:インターネットを通して点字の普及を図るため、ホームページを開設し、点字に関する資料の提供と、問い合わせに答えました。

  エ. サイトワールド2013での点字普及活動:視覚障害者関係機器展示会としてわが国最大のイベントである「サイトワールド2013」に参加し、視覚障害者をはじめ、多くの一般の方々に点字の普及に努めました。①Lサイズ点字の展示と、触読体験コーナー、②各種点字器の展示、③インターネットで学ぶ「ひとりで学べる楽しい点字」のデモ、④凸面点字器試作品の展示と、使用体験、⑤点字表示のある日用品の見本展示

  オ. その他、会員が各地域で、視覚障害者、小学生、一般市民、専門学校生など、約50件、延べ約3,300人に対して点字普及活動を行いました。

なお、詳しくは、下記データをダウンロードしてご覧ください。

平成25年度活動報告(BES)

平成25年度活動報告(PDF)