視覚障害者及び一般社会への点字の普及をめざす「特定非営利活動法人日本点字普及協会」

■文字の大きさ

■色反転

中途視覚障害者むけの点字テキスト作成

日本で使われる点字の文字・記号や、点字を書くときの規則は、日本点字委員会が決め、『日本点字表記法』(現在は、「2018年版」)として公表されます。
これを受けて、『点訳のてびき』(現在は、「第4版」)が全視情協(ぜんしじょうきょう)から発行され、点訳の際のテキストとして全国で使われています。
一方、日頃点字を読み書きする目の不自由な方々が、点字の規則を勉強するための、全国で共通して使われるテキストはありません。
そこで、日本点字普及協会では、特に、おとなになってから目が不自由になった方が、点字の文字を覚えたあとで点字の書き方の基本的な規則を学ぼうとするときに使えるような、簡単なテキストの作成に取り組んでいます。

 

←活動内容の紹介のページに戻る