視覚障害者及び一般社会への点字の普及をめざす「特定非営利活動法人日本点字普及協会」

■文字の大きさ

■色反転

小中学生への点字の普及

 日本(にほん)点字(てんじ)普及(ふきゅう)協会(きょうかい)は、みんなが点字を()める社会(しゃかい)目指(めざ)しています。
 街中まちなかにある点字、家庭かてい電気でんき製品せいひん食品しょくひん容器ようきについている点字をだれでもめる、点字の投書とうしょ手紙てがみとどいてもとまどわないような社会しゃかいになるようにねがっています。

 さらに、だれでも点字をむ人とさりげなくせっすることができる社会しゃかい目指めざしています。

 そのために、小中学校の総合的そうごうてき学習がくしゅうをはじめ、高校こうこう福祉ふくし時間じかん専門せんもん学校がっこう大学だいがくなどの福祉ふくし専攻せんこう課程かてい講義こうぎ企業きぎょうでの研修けんしゅうなど、あらゆる機会きかいをとらえて点字の普及ふきゅう活動かつどうおこなうとともに、目の不自由ふじゆうな人の社会しゃかい生活上せいかつじょう不便ふべんさをって、さりげなくせっすることのできる人がえるように活動かつどうしていきます。

 日本にほん点字てんじ普及ふきゅう協会きょうかいは、まずつぎ事業じぎょうみます。

1.総合的(そうごうてき)学習(がくしゅう)使用(しよう)できる手軽(てがる)なテキスト

  • 点字の仕組しくみやきまり
  • 見えない・見えにくい世界せかいとは
  • 目が不自由ふじゆうな人の生活上せいかつじょう工夫くふう
  • まちで目が不自由ふじゆうな人に出会であったときのせっかた

)

2.(みじか)時間(じかん)でも効果的(こうかてき)に点字の()()きが体験(たいけん)できるよう、凸面(とつめん)点字器(てんじき)開発(かいはつ

 さらには、全国(ぜんこく)(おお)くの(かた)が、総合的(そうごうてき)学習(がくしゅう)専門(せんもん)学校(がっこう)授業(じゅぎょう)大学(だいがく)講義(こうぎ)などを担当(たんとう)されていますので、(みな)さんからいろいろな工夫(くふう)をお()きして、より効果的(こうかてき)方法(ほうほう)をご紹介(しょうかい)していきたいと(おも)っています。

 

←活動内容の紹介のページに戻る